読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊者ヨシヒコと右往左往の旅

主人公ヨシヒコ(俺)が、色んな人達と出逢い、色んな経験をしながら旅をする。そんな日常を主観的に綴る予定のブログです。時々、旅から脱線します。ご意見、ご感想、情報提供等、お気軽にコメント下さい。

ブータン国境の街ジャイガオン へ

そういう訳で、インド人アジェイと取り敢えずチケットの買える駅まで行った

 

そしてアジェイがチケットを買った

 

俺の分まで・・・(多分)

 

いや、指定座席じゃなかったから買ってないような気もする

 

でも、ジェネラルでもなかった

 

何か特殊な裏ワザ的な車両だったんだよなぁ

 

知る人ぞ知る的な。

 

んで途中でまた電車を乗り替えつつ、シリグリ駅に着いた

 

f:id:yossi15:20160803034619j:plain

途中、ガンジス川を列車で渡った

 

 

車内でちょいちょい軽食を奢ってくれた

 

 

f:id:yossi15:20160803025033j:plain

途中のシリグリ駅で出会ってニュージャイパグリ駅まで一緒だったビシャ(右)

 

ブータン人かネパール人だと思ったら、彼もインド人らしい

いや、両親のどっちかは違うでしょ?

って訊いたら、両親ともインド人らしい

 

でもかなりの北部出身なので、ルーツは絶対ブータン人達と同じだと思う

 

すなわち私達日本人と同じルーツだと思う

 

 

 

ニュージャイパグリに着いたら、3人で駅の外で飯を喰った

 

アジェイの奢りで。

 

 

ビシャとは別れ、駅近くのホテルにアジェイが一緒に泊まろうとしたけど、案の定、外国人の俺は泊めてもらえず

 

アジェイに気にせず一人で泊まるよう促したが、ホテルには泊まらず俺と一緒に駅の待合室で寝た

 

すまんね~、俺の為に。

 

 

翌朝、駅から離れたバスターミナルに移動して、100Km以上ある道のりをバスで向かった

 

 

そしてやっとブータンとの国境の街ジャイガオンに到着した

f:id:yossi15:20160803035146j:plain

f:id:yossi15:20160803040205j:plain

規模は大きくないが、一通り何でも揃ってる感じの街である

 

 

f:id:yossi15:20160803035701j:plain

アジェイが紹介してくれたホテル

1泊600ルピー

 

チェックインしてシャワー浴びた後、アジェイの家に行って家族を紹介してくれた

f:id:yossi15:20160803041141j:plain

凄く大らかな家族で親切にしてもらった

 

momo(インド版餃子)とファンタオレンジをご馳走になった

 

 

その後、アジェイのバイクで友達の家に行ってドゥアルを紹介してくれた

 

そこでチャイをご馳走になった

 

何処で飲んだチャイよりもここで頂いた自家製チャイが一番旨かった

 

お世辞じゃなく、本当に旨くてお代わりした

 

そして、その後いよいよブータンinです!!

f:id:yossi15:20160803042255j:plain

このゲートの向こうはもうブータンです!!

 

 

と今日はここまで。

 

続きはまた次回。

 

 

 

 

ランキング参加してます。

宜しければクリック頂ければ幸いです。

↓↓↓

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(西回り)へ
にほんブログ村

 

捨てる神あれば拾う神あり

何とかコルカタ脱出することができ、電車内でインド人達と交流しつつ時間が過ぎるのを待っていた。

 

 

一緒に飛び乗った同志達は、1時間ぐらいすると停まる駅のホームとは反対側のドアから降り、線路を渡って駅の外に消えていった。

 

 

そしてその後も色んな売り子が乗り込んできては一定区間走ると去って行った。

 

 

そんな感じで夜が更けていった頃、遂に車内スタッフに見つかった!!

 

 

渋々、電車を降りセカンドクラスの方に行ってみると

f:id:yossi15:20160727112907j:plain

 

これ無理でしょ!!

 

未だに人が溢れてる!!

 

突け入る隙がない

 

 

しょうがないので、車両スタッフがいなくなった頃、また元の場所に戻った笑

 

 

そしてしばらく走っているとまた見つかった!!

 

具合が悪いフリをしてみたがダメだった笑

 

 

仕方なく次の停車駅で降りて作戦を練る事にした

 

f:id:yossi15:20160727214353j:plain

しかし、この田舎の小さな駅ではちゃんとした指定席も買える訳もなく結局、大きな駅まで行かなきゃならないのだ

 

 

今日は取りあえず、この駅の待合室で寝ることにした

 

周りは路上生活者と思われるような輩達が、ジロジロこっちを見てくる

 

たまに現地語で何か言ってくるが解るわけもなくファンの下のベンチを陣取って寝てたら、夜中に駅員が銃を持った警察を引き連れて、みんなを起こしてチケットや身元確認みたいなことを始めた。

 

 

そして俺の番になってチケットを見せたが、目的地と違うこんな駅で外人が何をしてるんだ

 

みたいなことを言ってきて、疲れたからこの駅で休んでるだけだと言っても、イマイチ信用してもらえず、回りの奴も「こいつ怪しいぞ」みたいなことを言ってきた奴もいて(多分)、IDを見せろ!

ってことになり、見せたら

『おお、JAPANか!』

ってなって、ノープロブレム!

 

最後は、笑顔で親指立てて去っていった笑

 

 

日本のパスポート最強である!

 

 

翌朝、駅近くのローカルな店で、チャパティ3枚を豆カレーみたいなやつにつけて食べた

 

焼き立てで旨かった

 

10ルピー 安っ!!

 

 

んで駅に戻って、追加料金払うからこのチケット、グレードアップできないかなぁ

なんて考えてたら、地元の高校生が隣に座ってきて、色々スマホ調べてくれた

 

結局、よく分からないので、駅のチケット売り場で訊きに行くことにした

 

そしたらついてきてくれて、駅員の説明を聴いて俺に分かり易く教えてくれた

 

 

要はここでは出来ないから何駅か先の何とかって駅に行かなきゃならないらしい

 

親切な高校生はこれから学校らしく、ここで別れた(ん?何で駅に来たんだ)

 

サンキュー!

 

 

そして俺は駅のホームで次の電車を待っていた

 

 

そしたら新たなインド人が現れて、話し掛けられたので、電車が来るまでの暇つぶしに色々話していたら、この男、日本のことにかなり詳しい!

 

そしてかなり興味を持っている

 

俺が、ニュージャイパグリに行くんだって言ったら、そいつも同じらしい

 

更にそこからジャイガオンっていうブータンとの国境の街に行く予定なんだって言ったら、

 

何とそいつはジャイガオンに住んでるらしい!

 

話は弾んで、俺が

「実はそのジャイガオンから国境を越えてブータンに行こうと思ってる」

 

って言ったら、

 

『ビザは持ってるのか』と訊かれ、

 

俺は、「いや、持ってない。けど日本人とブータン人って顔が似てるから、ビザなしでチャレンジしてみようと思う」

 

みたいな事を言ったら、

 

何と!!

 

そいつはブータンで働いているらしい!!!

 

 

そして、そいつがブータンを案内してくれるって!!!

 

 

こんな事ってある!?笑

 

 

捨てる神あれば、拾う神あり!

 

引き寄せの法則ってやつだね!

 

偶然なんてないね!全ては必然である!

 

f:id:yossi15:20160727225036j:plain

彼の名前はアジェイ。

 

 

こっから俺とアジェイの旅が始まった

 

 

 

 

 

 

ランキング参加してます

良かったらクリックお願いします

↓↓↓

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(西回り)へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

やっとコルカタ脱出だー

韓国人のソルちゃんと別れた俺は、取り敢えずコルカタ駅にやってきた。

 

でも、雨に濡れ、振り回された俺は疲れてたしチケット予約もしてないので、駅の場所だけ確認して、昨日、宿で安宿をチェックしたところがあるのでまた地下鉄でその場所まで移動した。

 

 

その宿は確か仏教系の関係の宿らしく、安く泊まれるとあって欧米系のバックパッカーには人気らしい。

 

雨の中、その宿に行って敷地内に入って受付を探している時にオーナーらしき人がいたので訊いてみると、喰い気味に半ば門前払いされた。

 

情報が古かったか!

 

そう言えばバックパッカーっぽい宿泊者も居なかったもんな~

 

おそらく旅行者は受け入れなくなったんだろうな

 

 

しょうがないので、雨の中、ひたすら歩き回って探し回って、安そうなローカルのゲストハウスを見つけては訊いてみても泊まれないという。

 

あとで知ったのだが、インド人向けのローカル宿の場合、どうやら外国人を泊めるには事前に申請して許可を取らないといけないらしい。

(高いホテルや観光地では問題なく泊まれる所がほとんどだが)

 

 

しょうがないので(インド来てから、しょうがないばっか言ってる)、高そうなホテルに入って値段訊いたら、1500ルピー+TAXらしい。

 

高いわ~

 

部屋も見せて貰ったけど、高い割に部屋でWi-Fi使えず、ロビーでしか使えないという

 

迷った挙げ句、パスして、もう少し探してみることにした。

 

f:id:yossi15:20160726211030j:plain

街は水浸しである

 

 

 

しかし余所はもっと高かったり、受け入れてもらえなかったりで、結局、1500ルピー+TAXのホテルに戻ってきた。

 

インドで使える携帯電話持ってなかったけど、ここも支配人の配慮で日本人ならってことで泊めてもらった。

 

手持ちの金が足りないのでここではクレジットカードを使った。

 

 

 

そして翌日、昨日行ったB.B.B.(ビービーバック)のすぐ近くが銀行街ということが判り、そこでciti bankを見つけたのでキャッシングした。

 

もしATMからお金が出てこなくても、ここなら安心!警備員もすぐ近くにいるしね!

 

 

 

次はプリペイドsimを買わねば!

 

道路脇の小さな店に行って色々訊いてみると、どうやら外国人はここでsimを買っても使えないことが判明!

携帯ショップに行って手続きをしないといけないらしい!

 

これって常識?

俺、知らんかったわー

空港で普通に売ってるから何処で買っても使えるって思ってた!

 

でも空港でも、携帯ショップ並みの手続きしてるってこと?

 

誰か詳しい人教えてーーー

 

 

幸い近くにvodafoneショップがあるってことで、場所を教えてもらい行ってきた

 

 

整理番号札を取って、順番がきたらスタッフに訊きながらプランを選んで、契約書書いて、パスポートとカラー写真を渡して、sim貰って終わり。

 

俺は、4Gの1GB 4weeksのプランで202ルピーだったかな?

 

でも、vodafoneのサービスセンターに電話して、使用開始の手続きをしないと使えないらしく、free Wi-Fi使える所に行くまでお預けである。

 

店を出ると丁度、momo屋さんがあったので、昼食がてらパクり

f:id:yossi15:20160726211614j:plain

餃子のインドバージョン 安定の味。

 

 

 

よし!もういい加減、コルカタを離れよう!

 

Google Mapを見ると、川を渡ればすぐ近くにハウラー駅という大きな駅があることが判った。

 

俺は当初、予定していたコルカタ駅ではなくハウラー駅に歩いて向かった。

 

f:id:yossi15:20160726212405j:plain

f:id:yossi15:20160726212512j:plain

ハウラーブリッジだったと思う。

 

この橋を渡ります。

f:id:yossi15:20160726212738j:plain

赤レンガ風の大きな建物がハウラー駅

 

f:id:yossi15:20160726213003j:plain

f:id:yossi15:20160726213107j:plain

到着。

 

めちゃくちゃ広い!長い!

コルカタ駅じゃなくこっちで正解だったかも

 

 

よし、チケット買おう!

 

旅行者用のチケット売り場どこか判らん!

 

 

あ、あそこでみんな並んで買ってるから、買うときに外国人は何か訊かれるだろう!

 

と思い、並んで、

 

俺、「ニュージャイパグリまで行きたいんだけど」

 

駅員、『185ルピーね』

 

おっ安いね!さすがインド!

 

ん?でも何も訊かれなかったぞ?

f:id:yossi15:20160726214009j:plain

 

おおおっ!

これはあの噂のセカンドクラス、通称ジェネラルではないか!!

 

 

まあいい何とかなるっしょ!

乗りゃあいいんでしょうが!

 

色んな人に訊いて、いざ乗ろうとジェネラルの車両に行ってみると

f:id:yossi15:20160726215126j:plain

 

すでに車両から人が溢れてるではないか!

 

クソっ出遅れた!

 

俺は次の電車に乗ることにした。

 

 

 

しかし状況変わらず

 

そして列車はゆっくりと動き出した

 

 

でも、もうどうしてもこの街を離れたかった俺は、他の地元の奴らのマネをして、警備員の隙を突いて他のドアから走って飛び乗ったのである!

(よい子はマネしないでね)

 

 

f:id:yossi15:20160726220334j:plain

その時の同志達

 

 

そしてジェネラル以外の車両には基本乗れないので、この便所近くの出入口付近で待機。

 

 

色んな売り子が車内で販売しては、ここのスペースでインターバル取ってまた車内販売に行くので、ここでも車内と同じ様に買えちゃいます。

 

f:id:yossi15:20160726221448j:plain

f:id:yossi15:20160726221540j:plain

 

まあちょっときついけど、このまま目的地まで行けるんじゃないか!?

 

なんて、少しでも頭をよぎった俺は本当に甘かった!

こっから波乱の幕開けである!

 

 

次回を乞うご期待!

 

 

 

 

ランキング参加してます。

良かったらクリックお願いします。

変なサイトに飛んだり、ワンクリック詐欺なんてことはないのでご安心下さい。

↓↓↓

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(西回り)へ
にほんブログ村

インド人と韓国人に振り回されて

翌朝、チェックアウトした俺らは小雨の降る中、列車のチケットを買いにB.B.B.(ビービーバック)とか何とかいう所に向かった。

 

インドでは、旅行者や外国人はそれ専用の窓口でチケット予約、購入しなければならないのである。

 

いや、必ずそうじゃなきゃいけないって訳でもなく、インターネット予約もできるし(ただし英語のサイトでアカウント登録あり)、代理店に頼む(人によって手数料が違う)こともできるし、自信のある人はジェネラルと呼ばれるセカンドクラスには予約なしで乗ることもできるのだ。

 

 

俺は、大きな駅なら駅内もしくは駅近くで買えると認識してたんだけど、ソルちゃんがどこそこの何とかってとこじゃないと外国人は買えないって言うから、大きな道路まで出てバスで行ったんだよね

 

ソルちゃんはタクシーかオートリクシャ(ツゥクツゥクみたいなやつ)で行くって言ってたけど、バスの方が断然安いからって言ってバスに乗らせた。

f:id:yossi15:20160726181007j:plain

ここバス停らしい。訊かなきゃ絶対判らん

 

行き先も訊かなきゃ判らん

 

 

で、目的地に着いて行ってみるとクローズ!

 

 

今日は日曜日である。

 

しょうがないから、取りあえずレート良いとこで両替をしようと、名前だけは聞いたことのある有名なサダルストリートに行くことにした。

 

 

ソルちゃんはまたタクシーで行こうと、タクシー捕まえて交渉。

 

いや、もうね一人で行ってくれてもいいんだけどね。むしろそっちの方が俺は有り難いんだけど、俺とシェアして行こうとするんだよね。

 

 

で俺は通行人に聞いて、すぐそこがバス停っていうから、バスが来たときにバスのスタッフに

「サダルストリート?」

って訊いたら、乗れっつんで、ソルちゃん連れて乗ったんだよね。

 

んで途中で、サダルストリートはあっちだから乗り換えてくれって言われ、降りてバス停で待っている時に色んな奴に訊いても、誰もサダルストリートを知らない。

 

来るバスの奴に訊いても知らない。

 

Google Mapで見てみると、言われた方向はさっき俺らがいた方向だった!

 

さっきのバスの奴にまんまと騙されたわ!!

 

 

もう早くプリペイドsimを手に入れたいってことで、その辺を歩いてsim売ってる店を探すことにした。

 

しかしソルちゃん、ワザとかってくらいめちゃくちゃゆっくり歩くんだわ。

 

でもこんな訳の分からんとこに置いてくのも気が引けるんで我慢したけど・・・

 

何軒か売ってそうな店で訊いてみたけど、プリペイドsimは売ってなかった。

 

 

疲れ果てたソルちゃんは、Free Wi-Fiの使えるcafeに入ろうと言ってきた。

 

それ俺も考えてて、ずっと探してるけど無いんだよね~

観光地とかいいホテルのレストランでもないと、インドはfree Wi-Fi使えるcafeはめったにないみたい

 

 

そうこうしてると一軒の小綺麗なcafe発見!

 

でも、free Wi-Fiって何処にも書いてないからスルーしてたら、ソルちゃん入ってった!

 

追って入ってみると、ソルちゃん座ってメニュー見てるよ~

 

おおっ、ここWi-Fi使えたのか!

 

念の為、店員に使えるか訊いたら、

『すいません、free Wi-Fiはないです。』

 

ソルちゃん、

『ええぇっ!』

 

俺、

こっちが、ええぇっだわ!

 

 

そのcafeの近くにローカル銀行のATMがあったので、ソルちゃんはもうここでキャッシングするって言って入っていった。

 

でも卸せなかったらしい。

 

 

もうこれ以上この子といたら、俺の旅が無駄に時間と金を消費してしまうと判断した(判断がおせーよ)俺は、Google Mapで近くに地下鉄の駅を発見!

 

 

ソルちゃんに、「俺、この地下鉄の駅から大きい駅に向かうけど、どうする?」

って訊いたら、取りあえず地下鉄まで行くって言うんで、地下鉄の駅まで行ってバイバイした。

 

 

そもそもソルちゃん、よく独りでインド来たよな~

中国人と韓国人は大概、団体で連んでハシャいでるのに。

そもそも何処に行くって言ってたっけな~?

まあ英語話せてたし大丈夫でしょ!

 

 

肩の荷が下りた(実際にはクソ重いバックパックを背負ったままなのだが)俺は、取り敢えずコルカタ駅に向かった。

 

 

f:id:yossi15:20160726194247j:plain

TATA発見

 

 

 

 

続きはまた明日~

 

 

 

宜しければ、クリックして頂けるとこれ幸い

 ↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(西回り)へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

いよいよインドです!

 やばい!

ざっと10日以上もブログ更新を怠ってしまいました・・・

 

一応、言い訳すると、まずプリペイドsimを上限まで使い切ってしまった。

ホテルのWi-Fi環境が悪い。

列車移動が長い。

列車のチケット予約が面倒な上になかなか取れない。

観光も勿論する。

遂にお腹崩壊。

調べることもたくさんある。

疲れて寝る。

 

 

こんな感じでズルズルと更新を怠ってしまい、一時、ランキングも皆さんのお陰でINポイント順位で2位までいったのに、5、6位まで下がってしまった・・・

 

自業自得である。

 

でも、blog dayを設けて可能な限り書き溜めます!

 

そして皆さんと少しでもこの旅を共有出来るように頑張ります!

 

 

そんじゃ、気合いを入れ直していくぜーーーっ!!

 

 

 

ミャンマーヤンゴン国際空港を飛び立ち、無事に6カ国目インドのコルカタ空港に到着しました。

 

 

いやー本当に無事で良かった!

 

皆さんも記憶に新しいバングラデシュの首都ダッカでの爆破テロ事件!

 

実は同じ日にトランジットでダッカの空港に居たんです!!

 

f:id:yossi15:20160726041944j:plain

f:id:yossi15:20160726042101j:plain

f:id:yossi15:20160726042217j:plain

当日のダッカの上空写真である

 

 

インドではなく隣のバングラデシュに行ってたとしたら・・・

 

空港が狙われていたとしたら・・・

 

 

マジで危なかったわ~

 

テロの影響か判らないけど、トランジットの時、トランジットカウンターに誰もスタッフが居なくて、近くの他のスタッフに訊いて廻っても、誰一人と連絡も取ってくれないし、その内来るから待っとけの一点張りである。

 

 

そして時間は刻一刻と過ぎ、出発予定時刻の直前になってようやく来やがった!

 

 でも、出発時刻も遅れたけど。

 

f:id:yossi15:20160726145037j:plain

f:id:yossi15:20160726145144j:plain

上の写真は、ヤンゴンダッカ間の機内食

 

 

f:id:yossi15:20160726145353j:plain

こっちはダッカコルカタ間の機内食

 

 

距離が短くなった分、量が減っただけで同じ。

 

まあ、同じ航空会社だからこうなるか

無いよりましか

 

 

そして最終関門、空港のイミグレである。

 

基本、リターンチケットが必要性らしく、求められた時の為に一応、口述を用意してたんだけど何も訊かれなかった。

 

ビザもダブルで取ってたし、何より日本ブランドでしょ!

日本(及び日本人)は、世界一の信用度の高い国だと思う。

 

 

でも、同じ便できた韓国人の女の子も何も訊かれなかったって言ってたけどね

 

そして無事にインド入国を果たし、夜も遅かったので空港泊して、明日朝一で電車移動するはずだった。

 

するはずだったのである。

 

がしかし!

 

ちょっと時間を巻き戻すと、トランジットの時、日本人っぽい女の子が独りでいたので、声を掛けたんです。

 

そしたら韓国人だったのである。 

 

そして色々訊かれて、ホテル予約してないし今日は空港泊するよ

って言ったら、その子もホテル予約していないらしく、一緒に空港泊していいかって訊いてきたので、

夜は女の子一人じゃ危ないし、別に構わないよって言って一緒に空港泊することになったんです。

 

 

がしかし!

 

ここでまたトラブル発生!

 

彼女(名前はソルちゃん)が、コンビニ行きたいって言い出して、じゃあ、ちょっと空港の周り探してみるかってことで一旦、空港の外に出てみたのである

f:id:yossi15:20160726153442j:plain

f:id:yossi15:20160726153529j:plain

空港の一歩外には、飢えた狼の如くインドが待ち構えている!!

 

飢えた狼達を振り払い、空港の周りを右往左往してみたけど何もない。

 

じゃあまた空港に戻ろうかってことで空港に戻ったんです。

 

しかし!!

 

入れない!!

いや、SPに止められて入れてもらえない!!

 

さっき到着したばっかりなんだけど

両替したいんだけど

トイレ行きたいんだけど

売店行きたいんだけど

 

あの手この手で何を言ってもダメ!絶対!

 

 

そうなんです。

ここインドでは、一回空港を出たら、搭乗予定がないと再入場できないのである。

 

誰でも自由に出来るようにしたら、たちまち路上生活者や物乞いや客引きで溢れかえり、足の踏み場もないくらいそこら中に座り込み、寝転ぶのである。

 

ってことに気付いたのは、それから何日か経ってからのことである。

 

 

 

しょうがないので、ゲート横の良くないレートでソルちゃんと25ドルずつ出して50ドル両替して、安くないけど安心安全(なはず)のプリペイドタクシーで、ソルちゃんが事前に調べていたというホテルに向かった。

 

 

しかし、このタクシーの運ちゃんがまた外れで、英語が全く通じない上に道を知らない!

 

何度も人に訊いたり、同じところを行ったり来たり、俺が地図が書かれた看板を見つけても見やしないし!

 

 

やっとの思いで到着したんだけど、この運ちゃんちゃっかり最後、チップ要求してきたけど、何言ってんだっつって無視!

 

そして着いたところはホテルではなく閑静な住宅街の中にあるゲストハウスみたいなところ。

 

夜0時頃だったけど、開けてくれて部屋の値段聞いてビックリ!

 

ダブルの部屋が、TAX入れて2000ルピー(3000円ちょっと)弱。

 

2人でシェアしても一人1000ルピー

 

高い!!

 

でも、ここではこれ以上安い部屋はなく

俺は正直、嫌だったけどソルちゃん曰わく、これでも安い方らしく(そんなことはない、絶対!)、部屋も気に入ったみたいだったので、渋々チェックイン

 

 

 

続きはまた、明日。

 

 

 

 

暇つぶしくらいにはなったって方はクリックお願いします

↓↓↓ 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(西回り)へ
にほんブログ村

 

 

今こそバガン!!(バガン遺跡とミャンマー人と日本人と)その4

みんなとの楽しい時間は、あっという間に過ぎ、翌日、アイチ君とコッコロッチ(ベトナム人ナブーのニックネーム)がチェックアウト

 

アイチ君はインレーとマンダレイって言ってたかな?

コッコロッチは帰国の途に。

 

夕方、えっちゃんも来て2人を見送った。

f:id:yossi15:20160711160716j:plain

 

2人を見送った後、ソウイチロー君とえっちゃんと3人で御飯食べにまた富士レストランへ

 

 

ミャンマー料理って大したもんないから、安くてメニューの多いこのレストランがお気に入りです。

 

そして俺らも翌日、チェックアウト。

 

ソウイチロー君は早めに移動して、午後から半日観光する為に、朝食後、次の滞在地へと旅立って行った

 

 

みんなまたどこかで会おう!!

 

 

俺はピックアップのバスが来るのが夕方6時なので、とりあえずチェックアウトの時間ギリギリまで部屋にいることにした

 

 

すると早速、新しく2人チェックインしてきた。

 

一人はイタリア人の19歳の少年(名前忘れたスマン!)

 

もう一人は、白人の女の子。

 

この白人の女の子が夜行バスで自分の腕を枕に寝てたらベッドバグにやられたらしく、可哀想に腕が真っ赤になっていた。

 

効くかは判らないけど、俺が持っていた虫さされの薬を貸してあげた。

 

 

そしてイタリア人の少年の方は、俺が日本人だと知ると子供のように(実際まだ子供か)スゲー喜んで、

『ヤクザ、ヤクザ!ジャパニーズマフィア!』

っていってハイタッチしてきた笑

 

日本のアニメが好きらしい

 

 

このイタリア人が腹が減ったから、どこかいいレストラン知らないかって聞いてきたので、俺がチェックアウト済ませてから一緒にランチに出掛けた。

 

f:id:yossi15:20160711163935j:plain

 看板娘とイタリア人少年と俺。

 

 

そうまたしてもあの富士レストランである

 

まさか到着日からチェックアウトの日まで毎日通うとは笑

 

彼は俺と同じ中華丼を頼んでいた

 

 

ホテルに戻ってから、彼が入域チケット買ってないって言うから、有名な大きな寺院とかパゴダの中に入るには必要だと教えてあげたら、譲って欲しいみたいな感じだったので、俺のチケットの残りは2日。彼の滞在も2日。

ということで、記念にチケット欲しかったけど彼に売った。

 

只であげても良かったけど、俺が「売ってあげてもいいよ」

って言ったら、5000チャット持ってきたので、それで売りました。

 

まあ俺もう使わないからいくらでも良かったんだけどね。

 

 

そしてバスのピックアップが来るまで、ロビーで待っていると、一人の日本人の中年の男性がチェックインしてきた。

 

向こうが俺に気付いて、あとでお話しさせてもらってもいいかって聞いてきたので、快く快諾した。

 

 

昔からアジアをよく旅行されているらしく、アジアに詳しかった。

 

そして自分でアルコール依存症と言うだけあって、昼間っから既に酒臭かった笑

 

んで、バスのピックアップ遅いね~なんて言いながら、話が弾んで気が付くと、時刻は既に7時過ぎ!!

 

これはヤバい!!

 

ピックアップ6時でバスの出発が7時!!

 

もう出発時間過ぎてる!!

 

急いで、フロントの人にバス会社に電話してもらう

名刺貰っといて良かった!

 

 

やっぱりな!

バスのチケット買った代理店の奴、怪しいと思ってたんだよね!本当に!

 

俺が店の看板を見ていると後ろから声を掛けてきて、俺が探してたバス会社のチケット取り扱っているかって訪ねたら、あるって言うから店の中に入って手続きしたんだけど、受け取ったチケットを見ると違うバス会社!

 

行き先も書いてない!

 

指摘したら行き先の地名に○つけてたけど。

 

まあ値段は一緒だし金払ったし、かなり怪しいけど、名刺もくれなかったから、言って名刺だけ貰ってたんだよね。

 

後から見ると名前欄のところにはtouristって!

 

そう言えば名前も訊かれてない!

サインもしてない!

 

個人のチケットにtouristはないだろ!

 

後から思えば、ホテル名だけ聞かれて、直ぐに自分のスマホで電話してたけど、これウソ電話だね!!

 

名前も訊かずにどうやって確認すんだよ!

 

あとでホテルのフロントの人に確認の電話あったか訊こうと思ってたけど、忘れててそのままにしていた。

 

 

 

そしてフロントの人に電話してもらったら、案の定予約は入ってなかったらしく、取りあえず、ピックアップの車を回すからってことらしい

 

今晩、バガンを出発できなければ、予約してある明日の飛行機にも間に合わない

 

 

でもいっこうにピックアップも来ないまま時間だけが過ぎていく

 

フロントにもう一回電話してもらう

 

今、向かっててもうすぐ来るという

 

 

半ば諦め掛けていた頃、ようやく迎えに来た!

 

他にも何人か乗ってて、途中も何人かピックアップしてたけど、この人達は別の便の人達だった。

 

バスターミナルに着いたらバスが待ってて、約1時間遅れの出発で何とかセーフ!!

 

取りあえず、バスのスタッフの人にチケット買った代理店の名刺見せて、この代理店はスゲー悪い代理店だ!

とアピールしといた。

 

その代理店の名前は、Green Appleです!

 

バガン行かれる方は気を付けて下さい。

 

 

今回はホテルスタッフの対応のお陰で何とか助かったけど、これそのままどうすることも出来ずに流れてたら、この払ったチケット代は代理店のクソ野郎の懐に入ってただろうね!

 

 

そして、ギリギリのところで危機回避して翌朝、無事にヤンゴンに到着できました。

 

 

 

f:id:yossi15:20160711180055j:plain

 ホテルのプール

f:id:yossi15:20160711235031j:plain

 

 真夜中に大の大人がプールではしゃぐ

 

ここのホテルは今までNo.1だね!

 

朝食も付いて、ビュッフェスタイルで食べ放題!

オムレツやスクランブルエッグもその都度作ってくれる。

 

タオルとアメニティとペットボトルの水を毎日持ってきてくれる。

 

スタッフの対応も英語力も文句無し。

 

これで1泊約1000円

1年住んでも40万円以下

 

ドミトリーって言っても、ファミリー向けの2部屋を回転率のいいドミトリーに無理やりしてるだけでかなり快適で綺麗です。

 

Royal Bagan Hotel

 

次、来るときもここで決まり!!

 

 

さあ、次はいよいよあの国です!

 

 

 

 

ランキング参加しています。

暇つぶしや何かの参考になったって方は、クリックお願いします。↓↓↓

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(西回り)へ
にほんブログ村

 

 

 

今こそバガン!!(バガン遺跡とミャンマー人と日本人と)その3

サンセットに備えて部屋でのんびりしていると、新しく一人チェックインしてきた。

 

日本人っぽいけど、ベッドでうつ伏せになってスマホをいじってたので確信がもてず、でもドン・キホーテのあの黄色いビニール袋が置いてある。

 

 

俺は声をかけた

「アーユージャパニーズ?」

 

彼は笑いながらこう言った

『イエス!』

 

 

 彼の名はソウイチロー君。

 

今は単発でミャンマーを旅しているらしい

旅慣れた感じの人である

 

これで5人部屋中3人が日本人である。

 

軽く挨拶を交わした後、俺は自分のベッドでひたすらブログを書いた

 

 

夕方、4時も過ぎたので俺らはそろそろサンセットを観に行く為、動き出した。

 

 

ソウイチロー君も誘おうと思ったけど、外出中で居なかったので3人で出発!

 

 

俺の発案で、サンセット観ながらビールでも飲もう!ってことで、俺はチャリなので先に出発して、Eバイクの二人に買ってきて貰った。

 

 

サンセットはホテルから程近い、定番の有名スポットで観ることにした。

f:id:yossi15:20160711144605j:plain

f:id:yossi15:20160711144836j:plain

 

これがかなりの急勾配の階段かつ、一段一段のピッチが長い!

 

年寄り、小さい子供、高所恐怖症の人は無理だと思う。

 

でもその分、上からの眺めは大変良い!

 

 

場所を確保しようと探していると、

 

あれっ!?

 

あ、ソウイチロー君だ!!

 

考えることは同じである。

 

しかも、もう一人日本人の女の子もいて皆で一緒にサンセットを観ることに

 

f:id:yossi15:20160711150445j:plain

彼女の名は、えっちゃん。

彼女もまた札幌出身で、一人で旅してるらしい

 

そんでよくカモられるらしい笑

 

 

 

無事、場所も確保出来たので、俺らはプシュ~っと

f:id:yossi15:20160711150053j:plain

乾杯!!

 

サンセットと雄大なバガン遺跡を眺めながらのビール!

いや~実に最高だね!!

 

 

すると暫くして遂に、巡回中のお巡りさんに見つかってしまった!!

 

多分、ダメだろうなとは思いつつ、上まで巡回にこないだろうと思ってたけどやっぱりきたね!

 

俺は石の窪みに隠しながら飲んでたけど、多分ベトナム人のナブーが見つかった。

あとお菓子。

お菓子もダメらしい。

 

 

結局、ベトナム人のナブーだけが一人でこっぴどく叱られて、謝って強制退去だけは免れた。

 

f:id:yossi15:20160711152427j:plain

 

そんなこんなでサンセットも終わり、後でみんなで御飯行く約束して帰路についた。

 

 

が、しかし、途中俺のチャリのチェーンが外れてギアに強く挟まってしまい工具なしでは修復不可能に!

 

実は朝のサンライズ観に行った時も外れたからね。

その時は通りすがりのミャンマー人が手伝ってくれて直ったけど。

 

3000チャットもしたのに実に使えない。

 

 

結局、Eバイクのソウイチロー君に掴まって、ホテル迄、けん引してもらいました。

 

ソウイチロー君、ありがとう!

 

 

 

その後、えっちゃんをホテルまで迎えに行ってみんなで俺が昨日行った富士レストランへ

 

すると、えっちゃんも昨日ここに来てたんだって。

 

そう言えば、一人女の子がいたなぁ

 

そして、えっちゃんが言うにはここの日本人オーナーも札幌出身らしい

 

バガンで札幌3人かよ

世間は狭いなぁ

 

すると、ソウイチロー君は鹿児島出身ということが判明!

 

俺も鹿児島出身である

 

世間は狭いなぁ

 

 

ここでゴキブリの話になり、ベトナム人のナブーが極度のゴキブリ嫌いなことが判明!

 

みんなで面白がってイジって遊んでたら、ニックネームがコッコロッチ(ゴキブリの英語名)になりました笑

 

f:id:yossi15:20160711155102j:plain

 

 

 

 

 

 

 

ランキング参加しています。

変な通販サイトに飛んだりしないので、

宜しければクリックを↓↓↓

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(西回り)へ
にほんブログ村